スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スマートフォン

Optimus Pad(L-06C) カスタムROMの導入

 最近Optimus Padというタブレットがほぼ無料で投げ売りされていたので、タブレットのお試し用として購入してみた。スペックは、CPU デュアルコア1GHz、RAM1GB、ROM32GBと十分のもの。しかし実際に使ってみると動作が今ひとつだったので、性能アップを期待してICSのカスタムROM(CM9)を導入。

 結論としては、動画再生以外はとても快適な動作になった。主な用途が動画以外のビューアー(Web、電子書籍、マップ等)であるなら、非常に満足度の高い端末だと思う。バッテリーも優秀で、1日に2~3時間程度の使用なら10%程度しか消費しない。問題の動画再生は、youtubeの1080P-HD以上になるとコマ落ちがたまに見受けられる。

 そんなカスタムROM導入後の動作確認を撮影したので公開(⇒ こちらをクリック)。尚、確認内容は次の通り。思いついた順に確認しただけなので纏っていないが…。

  1. ホーム、及びアプリ一覧の画面遷移
  2. Play Storeのアプリ検索
  3. youtubeの動画再生
  4. Webサイト閲覧
  5. 回線速度測定
  6. 社説閲覧


 体感だけでなく、ベンチマークスコア(Quadrantにて測定)も1810 ⇒ 2334となり、500以上向上した。

 

 更にはUSBホスト機能を備えているので、Realforceを繋いでタイピングすることもできる。

 まぁ、良いところ悪いところを纏めようと思ったけどめんd(ry。とりあえずタブレット良いです。雑でゴメンナサイ。しばらくはこいつで遊ぼうかと。

スポンサーサイト
日常

同情するならリアフォくれ

 前回の日記にて、うちの職場ではリアフォを持ち込めないと散々わめいたが、ようやく持ち込み許可となる見込みだ。この機会にリアフォを持ちこみたいのだが、自宅と職場の両方の環境でリアフォを使いたい…。よって、リアフォを安く売ってくれる方募集中!!

 一番欲しいのは、RealForce 91UBK。というのも、希望条件がこんな感じなので。

  • 黒色
  • テンキーレス
  • USB接続  


  黒色が良い理由は、職場のキーボードは全て黒色なので他の色だと浮くため。テンキーについては、俺は数字を上段で打つので必要ない。USB接続は、タブレット端末を接続する機会も想定している。PS/2だと変換プラグを用意しないとあかんなぁと。

 まぁテンキーについてはどちらでも良い感じだけど、省スペースという意味ではテンキーは無い方が望ましい。てか今、カバンに106S入れようとしたら横幅入りきらないわ…。

 ひとまず黒色のリアフォなら何でも良いので、売ってくれる方がいたらAbout meのメールアドレスやtwitter、BBS等でご連絡ください。あ、HHK Proでも可です。価格は相談しましょ(できれば5k~8kを希望)。

相棒募集中


 さて、激安タブレットを購入してから明日で1週間が経つ。時間が空いたら適当にレビューを載せたい。

日常

つぶやき キーボード環境の改善を図れ

 職場のキーボードが糞過ぎる(2~3キーロールオーバー)。このキーボードを使用することによって、日に日にタイピングの精度が落ちていくのは耐え難い。キーボード環境の改善が急務だ。そしてそのためには、リアフォの導入が最適解である(デデーン)。

 とりわけ職場のキーボードで致命的なのは、高速タイピングを嘲笑うかの如く、超正確な入力であっても誤字脱字に仕立て上げることだ。そもそも最適化云々以前に、標準運指で打つ「dai」「gaku」のようなワードでも前後の文字が入れ替わる、或いは文字を拾い損ねる症状が起きる。

 これを阻止するには、自分がキーボードに合わせてやるしかない。しかしながらこれに起因して打鍵スタイルが崩され、タイピングの精度が落ちていく。現実としてこれを実感しているのだから洒落になっていない。一体どうしたらこの粗悪なキーボードを救えるというのだろう。

 更なる悲劇は、うちの会社では私物の持ち込みが禁止となっているが故にリアフォを持ち込めないことだ…。


 しかし私は、こうした事態を打開すべくチャンスを伺っている。

 注目している昨今のキーワードとして、「BYOD」がある。何なのかというと、単純に自分の端末を企業内に持ち込んで使いましょう、というものだ。所謂、ユビキタスネットワークのメリットを享受できるスマートフォンやタブレット端末が普及したことを契機に、使い慣れた私物端末を企業内でも活用して業務効率化を図りましょうというもの。

 とはいえ、これらのデバイスは情報漏洩のリスクを孕むため、従前なら全社的導入は避けられていたように思う。実際、「BYOD」なんてワードが出てきた時は、セキュリティ面を担保できるのかという論議ばかり(今でも日本では足踏みしている)……とこれは置いといて。まぁBYODを推し進める動きがあるのは確かなので、そんなリスクを受容するのならば、リスク皆無のキーボード持ち込みも許可されるべき。という建前でリアフォの持ち込みを狙いたい。

 更には、毎パソ1位という実績も前面に押し出したい。実績のあるタイピストが、業務効率化のために私物キーボードの持ち込みを許可してよ!と駄々をこねるわけだ。超希望的観測だけれど、毎パソも少しは効果があるはずだと考える。

 さて、何やら我儘を言っているようだが、実際タイピストの観点からすればリアフォの導入は業務効率化にあたる。超重要。

 そんなわけで、糞キーボード環境からの脱却に向け、断固たる決意で臨みたい(キリッ。

マイキーボード RealForce 106S(9年目)
スマートフォン

スマートフォンからの書き込みテスト

さて、久々の更新なのだけれど、単純にスマホから記事をアップできるかのテストです。とはいえ、今後スマホで書くかどうかは別問題。絵文字とかあるのね。使わないけど・・・。

書式設定も割と楽かも
メモ

日中から体調悪いなと思ってたら
熱があった様子。

とりあえず帰ってきてタイピングしてみるも、
タイピングって運動だなぁと感じてきたため中断@q@;
腕もだるいので今日はおやすみ。
続きを読む
banner
最新記事
Amazon

楽天

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。